名古屋市名東区藤が丘駅前のわたなべメンタルクリニック
(心療内科・精神科)のホームページへようこそ!
2021年
11月
皆さん、こんにちは。
11月になりました。急に寒くなりましたね。
秋も深まってきたということでしょうか。今月は晩秋にちなんで三句です。
秋ともし弾くはショパンの曲二三
冬めくやラフマニノフの難しき
十一月の季語に推したしブラームス
俊之
2021年
10月
皆さん、こんにちは。
10月になりました。今回は秋の季語で三句です。
颱風の過ぎて呑むべし濁り酒
赤漆のオーラを纏い世阿弥の忌
人の世は出会いの縞の鰯雲
俊之
2021年
9月
皆さん、お元気ですか。9月になりました。
今回も三句。戯れ句を一つ入れています。
ご笑覧ください。
カブールの届かぬ声や遠稲妻
澄む水の濁れる前の雨滴かな
猛暑から秋冷残暑あったっけ
俊之
2021年
8月
皆さん、八月になりました。
オリンピックと現実との乖離がなんとも…
今回は八月にちなんだ季語で三句です。
快晴の八月六日被爆前
八月九日焼かれた聖母像
ひろし八月十五日瓦礫
俊之
2021年
7月
皆さん、7月です。
梅雨まっただ中ですね。
今回は、忌日季語で三句です。
河童忌や不安の種のよも尽きじ
悲喜劇も人の定めか桜桃忌
感染爆発断ち切れ信長忌
俊之
2021年
6月
皆さん、こんにちは。6月に入りましたね。
今回は、「万緑」で三句、統一してみました。
万緑の中や降る雨匂い立つ
万緑の臨むコロナ禍夜の街
万緑や下校の子らの喧し
俊之
2021年
5月
皆さん、こんにちは。5月になりましたね。
藤が丘の桜はもう緑一色です。
さて、今回は、さまざまな春の季語で三句です。
花冷えの換気待合室無言
ひと心地ついて眺める菫かな
ブラ四を聴きつつ独り春惜しむ
俊之
2021年
4月
皆さん、こんにちは。
藤ヶ丘はただ今(4月2日現在)、桜の満開の時期をすこし過ぎて、桜吹雪となっています。
今回は桜で三句です。
めでたくも芽吹いて光る桜かな
まず一輪やがて訪う花盛り
ひらひらと五階に花の一二片
俊之
2021年
3月
皆さん、こんにちは。3月になりました。
今回は、3月の忌日季語で三句です。
日本のコロナ騒動兼好忌
よい歳のとり方したし鑑三忌
この花瓶女に似たり犀星忌
俊之
2021年
2月
皆さん、こんにちは。2月になりましたね。
まだまだ寒い日がつづきますが、どうかご自愛ください。
今日は「鮟鱇」で三句です。
華臍魚カサイウオ」は鮟鱇の別名です。
鮟鱇の悪霊退散吊し切り
鮟鱇を喰らいて後の寝怖びかな
剣を呑む芸人ありや華臍魚
俊之
2021年
1月
皆さん、1月になりましたね。
今年もよろしくお願いいたします。
新年明けての三句です。一句目はある有名な俳句のパロディーです。
なにはともあれ、一刻も早いコロナ追放を願います。
去年今年つらぬくコロナの捧太き
初霜の降りたる土地やまだ売地
渋滞の車列や長し雪女郎
俊之