名古屋市名東区藤が丘駅前のわたなべメンタルクリニック
(心療内科・精神科)のホームページへようこそ!
皆さんこんにちは、院長の渡邉です。
2009年4月に藤が丘の駅前にメンタルクリニックを開院いたしました。
昨今、全国的にメンタルクリニックを必要とされる患者さんたちの数が増えておりますが、これは名古屋でも例外ではありません。世の中、いろいろな意味で生きづらくなっていることは確かでしょう。
増加の一途をたどる「うつ病」、広がりを見せる不安障害や解離性障害、依然として罹患する患者さんたちの多い統合失調症、そのほかさまざまなタイプの精神的不調など、精神的な障害によって困られている方々は少なくはありません。

わたくしは、これまでわたくしが精神科の臨床で培った経験を通じて、すこしでもこういった患者さんたちの力添えになれるように頑張ってゆきたいと思っております。

当院のトレードマークは「すみれ」です。可憐ですが凛としたたたずまいを有している花です。
日ごろのストレスフルな対人関係で疲れる世間、人間の世界というのは基本的にそういったものでしょう。
ですから当クリニックにいらっしゃる方々には、そういう世間の疲弊する欲望の渦から一旦自由になっていただきたいと思うのです。
「菫程な小さき人に生れたし」(夏目漱石)という俳句がありますが、人はすみれほどに小さくなることができれば、世の中のストレスを真に受けなくても済むのではないでしょうか。
当院のトレードマークにはそういった意味も込められています。
さて、当院では、スタンダードな精神科、心療内科的な治療に加え、漢方治療も行います。
略歴
  • 1958年 生まれ
  • 1982年 東京大学文学部卒業
  • 1988年 名古屋市立大学医学部卒業
  • 名古屋市立大学病院、厚生連尾西病院、
    生々会松蔭病院などで勤務。
    その間、ドイツのマールブルク大学医学部付属病院、
    ミュンヘン工科大学附属病院の客員医師も務める。
  • 愛知医科大学精神神経科講師を経て、
    2009年4月 わたなべメンタルクリニックを開く。
所属学会
  • 日本精神神経学会
  • 日本精神病理学会
指定医・専門医
  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会精神科専門医
心がつらい時、人に話しをして心が楽になる経験をされたことがあると思います。すぐに問題の解決には繋がらなくても、話すことで心が整理され、心に余裕ができます。そして、一歩前に進む気持ちが出てきます。
そのような過程を、心や体の訴えに耳を傾けながら寄りそうことで、自分らしい生き方をみつけるお手伝いをしたいと思っております。
略歴
  • 中京大学大学院文学研究科心理学専攻
  • 県立下呂温泉病院、
    厚生連稲沢厚生病院などで勤務
ご自身のことや、自分をとりまく環境のこと「相談したいけど誰に相談したらいいかわからない」と思うことありますよね。
どんな人でも悩み立ちどまることはあると思います。
そんな時、一緒に考えたり、時には悩みながら自分らしい生活をするためのお手伝いができたらと思っています。
略歴
  • 愛知淑徳大学大学院文学部人間コミュニケーション専攻
  • 児童養護施設や保健所健診時の発達相談、
    松蔭病院、企業内心理士などで勤務