ホメオパシー診療

当院におけるホメオパシー診療のご案内

T ホメオパシーとは何でしょうか?

今から約二〇〇年前のドイツでその原理が確立した医学がホメオパシーです。ハーネマン(一七五五年〜一八四三年)というドイツ人がその創始者となりますが、じつはホメオパシーは、ヒポクラテスやパラケルススなど、ヨーロッパの古くからの伝統医学のなかですでに経験的に見出されていた治療の原理の継承であり、洗練化であったと言うことができます。そして、その原理とは、一言で言うと、「同じものが同じものを治す」というものです。

分りやすい例をお出ししましょう。「たまねぎ」をまな板で切っているとふつう、涙や鼻水が止まらなくなりますね。この、ほかならぬ「たまねぎ」がたとえば、流涙や鼻汁を症状として呈する花粉症のくすりになると知ったら、皆さん、驚かれますか? ホメオパシー医学では、「たまねぎ」は「アッリウム・ケパ(「赤たまねぎ」を意味するラテン語です)」という、れっきとした花粉症のレメディ(ホメオパシーのくすりのことをレメディと言います)の一つなのです。「同じものが同じものを治す」というのは、「ある物質が引き起こす症状と類似の症状を呈している病気には、ほかならぬその物質が治療薬になることができる」という意味です。このようなくすりとして、ホメオパシーは現在、植物や動物や鉱物から約三〇〇〇種(!)のレメディを用意してあります。

しかし、そういったレメディのもととなる物質のなかには毒性の強いものもあります。その物質をそのまま摂取したとしたら、もちろん、その毒性のためにかえって有害です。ハーネマンの独創性はまさしく、この点を解消したことにあります。どういうことかと言いますと、その有毒な物質を溶かした溶液を、ひたすら振とう、希釈してゆくのです。このようにして薄めた溶液をショ糖の丸薬などに染み込ませてレメディとするのです。このような操作を行うことによって、その物質が元来有していた毒性を消し去り、治療的に有利な効果を引き出すことができるのです。

さて、このようにして出来上がったレメディは、いわゆる一般的なくすりとは違います。では、レメディはどこに作用しているのでしょうか? つぎのように言っておくのが妥当ではないかと思います。すなわち、レメディは、一般のくすりとは違って、各人その人のその症状にあった自然治癒力を引き出すための刺激を当人に与えているものであると。

ホメオパシーは、くり返しますが、「同じものによって同じものを治す」医学です。したがって、何が一番難しいかと言えば、その人の症状に最も適合した、いわゆる「最類似」のレメディを見つけ出すことなのです。ホメオパス(ホメオパシーの医師のこと)は、まさしくその技術を磨くために日夜トレーニングしているのです。

 

U 日本でもホメオパシーは行われているの?

欧米では当たり前のように行われているホメオパシーが、これまで日本ではほとんど知られていなかったことは、どうしてなのか、むしろ不思議な気がします。欧米の薬局でふつうに買うことのできるホメオパシーのくすり(レメディ)は、日本ではまだ医薬品とは認められていません。つまり、日本ではだれでも、その気になれば、海外からサプリメントとしてホメオパシーのくすり(レメディ)を購入することができます。しかし、レメディにもいわゆる重大な副作用があります。したがって、医療者の目から見ると、ホメオパシーは、医療行為として今後、日本でもやはりきちんとした法的整備を行わなければならない分野であると考えます。二〇〇〇年に発足した日本ホメオパシー医学会は、素人療法としてのホメオパシーの危うさを知らしめる意味でも活動を続けています。皆さんにはぜひとも、素人判断でホメオパシーに手を出さないでいただきたいと思います。

 

V 当院ではホメオパシー診療はどのように行うのでしょうか?

保険診療にならないので、ホメオパシーは、残念ながら現段階では自由診療とならざるをえません。もちろん、心療内科領域、精神科領域の症状にもホメオパシーは有効ですが、当院ではご希望に応じてそれ以外の診療科の対象疾患の方の診察も可能です。セカンドオピニオンとしての相談に乗ることもできます。なにもホメオパシーを受けたからといって従来医学を否定するわけではありません。これまで服用していたくすりを止めなければならないようなこともありません。いずれにせよ、これまでずっと悩まされ続けてきた症状が解消されればよいわけですから。

さて、当院ではホメオパシー診療を希望される方には、つぎのように料金設定をし、診察を行います。

 

初診料(診療時間約50分前後): 16,000円 、処方料としてプラス2,000円
再診料(診療時間約20分前後): 6,000円 、処方料としてプラス2,000円

 

 

 


わたなべメンタルクリニック   〒465-0032 愛知県名古屋市名東区藤が丘141 藤が丘駅前ビル5F 052-760-5561