名古屋市名東区藤が丘駅前のわたなべメンタルクリニック
(心療内科・精神科)のホームページへようこそ!
2013年
12月
藤が丘は桜の紅葉もすぎ、もう枯れ木です。
皆さま、お元気でしょうか?
さすがに寒くなってきましたね。いつも言っていますが、
しょうが、冷えにはいいので、釜揚げうどんなどしょうがをいっぱい入れて、
食べたいものですね。さて、今回は冬にちなんだ句、三句です。
短日や赤き祈りの陽の沈む
寒月や眠る人守る屋根瓦
寒き夜や薬煎じる火を強め
俊之
2013年
11月
みなさま、日もだんだんと短くなり、
寒さが少しずつ身にしみる季節となりました。
この季節に、若いころ留学していたドイツのマールブルクを思い出します。
ドイツの11月は朝霧が濃く、前方1メートルが見えないときもあります。
また、マールブルクの紅葉は、紅ではなく、黄葉とかいて、もみじです。
それも、世界一面黄色い黄葉(もみじ)でした。
今回はそれも含めて3句です。
朝霧に眠気吹っ飛ぶマールブルク
どこまでも尽きぬ黄葉(もみじ)の超現実
殺生石割れて狐や柘榴喰う
俊之
2013年
10月
皆さま、10月になりましてもまだ暑いですね。
季語と季節が合わなくなってきました。
しかし、日が沈むのは着実に早くなってきてますね。
なにやら、うらさびしい気がします。
さて、今回は、空高し、秋の雲、星月夜で作りました。
診療の合間に見せる空高し
しんどければ力を抜こう秋の雲
カフェ閉店室内見えぬ星月夜
俊之
2013年
9月
遅くなりました、皆さま、
猛暑日も峠を越して、やや秋めいて感じられる時間も増えつつありますね。
そんな、今の時期に合わせて、作句しました。
なお、獺祭忌とは、正岡子規の忌日、9月19日のことです。
今回はそんなことも含めて、三句です。
秋めくや日の照る下の信号機
脱衣場にふと虫の音の沁み渡る
獺祭忌以後出る俳句無尽蔵
俊之
2013年
8月
皆さま、8月になりましたね。
大雨が降ったかと思えば、すぐ蒸し暑くなったり、
天気に巻き込まれてしまいますね。
なんとかこの季節、涼しい工夫をして乗り切りたいものです。
今回はそんなことも含めて、三句です。
尽きるまで線香花火動かさず
打水の沁み入る地面見当たらず
浴衣着て参道をゆく女(ひと)二三
俊之
2013年
7月
皆さま、こんにちわ。
まだ梅雨も明けないというのに(7月8日)暑いですね。
昨日今日と、35度を超えているでしょうか。毎度、同じことを言って恐縮ですが、
熱中症には気をつけてくださいね。しかしまだ梅雨ということもあり、今回は、
蝸牛(かたつむり)で三句、いってみます。
かたつむり幼き日々の散歩道
カタツムリまだ三万近い自殺者数
蝸牛経る年月の重さかな
俊之
2013年
6月
皆さま、予想どおり、いきなり蒸し暑くなりましたね。
しかし、日によっては散歩も悪くはないかもしれません。
万緑の季節ですから。今回は、夏つばめ、桜桃忌、薔薇といった
季語を使って詠んでみました。
夏つばめ四方八方空の道
をんなにはをんなの気持ち桜桃忌
薔薇一輪活けて妖しき昼間かな
俊之
2013年
5月
皆さま、こんにちわ。
天気の上がり下がりが激しくて、なかなか一息つけませんね。
連休明けから少しずつ落ち着いてきましたでしょうか。しかし、
きっと、今度は今度ですぐ暑くなるかもしれませんからご用心を。
さて、今月の俳句は、「子供の日」「母の日」「父の日」で作ってみました。
どうぞご笑覧ください。
子供の日「在りし日の歌」再読す
母の日の花屋の娘の肌白し
父の日や現今(げんこん)重き言葉なし
俊之
2013年
4月
皆さま、桜の季節になりました。
今日このご挨拶を記しているとき(3月30日土曜日)、
藤が丘の桜は満開です。
久しぶりに、藤が丘の桜並木を散歩し、吟行してしまいました。
その成果、三句です。
スマートフォンかざす手の先桜かな
さくら咲いて風の匂いが変わりけり
満開の桜につられ散歩かな
俊之
2013年
3月
皆さま、3月に入り、まだ寒かったり、意外と暖かかったり、
いろいろですね。三寒四温といいますね。インフルエンザの次は、
PM2.5などが話題となったり、なかなか一息つけませんね。
さて、今月は春の季語で、「猫の恋」とか「恋猫」とかいうのがありますので、
それで作ってみました。
おしなべて夜更けに元気猫の恋
恋猫の闇に溶け合う黒さかな
恋猫やただし餌喰うとき除く
俊之
2013年
2月
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
にわかにインフルエンザも流行りだしました。お気をつけください。
わたくしも、最近よく見かけるウイルスガードをするようになりました。
どこかのスッタフ通行証みたいですが・・・
さて、2月の俳句三題、冬の名残、春隣、恵方、で作りました。
團十郎死してにわかに冬名残
膝上に飛びのる猫や春隣
太巻きを食せず恵方向き拝む
俊之
2013年
1月
みなさま、遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
といいますか、もう、寒中お見舞い申し上げます、の時期ですね。
今年も、元気で頑張りますので、どうかよろしくお願い申し上げます。
さっそくですが、新年の俳句、三句です。
初伊勢や車遠くに停め歩く
初鴉通りに響く聲硬し
松過ぎてビルに夕陽の反射あり
俊之